Biophilia 18

特集: 医療の進歩を支えるブタ

      

新型インフルエンザの発症で、ブタがにわかに“悪者”であるかのような風評が一部でたっている。確かにブタやトリを介してヒトへ感染する新種ウイルスの出現で、国際的協力下の対策が急務であるが、現在は、通常のインフルエンザと同様、ヒト-ヒト間での感染拡大が問題である。冷静な対応のためにも正しい知識の啓蒙が急務である。

本特集は、これまでも実験動物として注目されてきたブタが、近年、臓器不足への切り札としての異種移植、さらに幹細胞を用いた再生医療実現化のためのバイオリアクターとして世界的に注目度が上がってきたという背景から企画した。最近の医学教育、異種再生医療研究、医療機器開発でのブタ使用、さらに、ブタ(実験用ブタ)を供給する体制についての我が国の最新情報を取り上げた。

もくじ

【巻頭言】生命科学の進展に寄せて

生命倫理問題への対処
―ライフサイエンスと社会との関係を考える―
菱山豊(文部科学省研究振興局ライフサイエンス課長)

【特集】医療の進歩を支えるブタ

ブタを医学・医療に使う意義
―現状と将来
小林英司(自治医科大学 先端医療技術開発センター)
異種間の臓器移植に夢を託す
山田和彦(鹿児島大学)、石川義典(ハーバード大学)
光るブタが照らし出す未来の医療
―光るブタの作出とその活用―
河原崎達雄(静岡県畜産技術研究所 中小家畜研究センター)
ミニブタを使った医療機器(ステント)開発の現状と課題
田中実、高橋孝喜(東京大学医学部附属病院 輸血部)
よりよい医療技術教育を目指して
―医学教育における基本的な動物実習―
菱川修司(自治医科大学 先端医療技術開発センター)
コラム自治医科大学「先端医療技術開発センター」
田中穂積(自治医科大学 実験医学センター)
人と地球への貢献を目指して
―医学用ミニブタの供給側から見た開発とその意義―
鳥取潤一(ジャパンファーム クラウン研究所)
コラム新しい実験動物:超小型ブタ「マイクロミニブタ」
伊藤勝彦(富士マイクラ株式会社 科学技術顧問)

【総説】

NRBP紹介カイコ
―日本発信のリソースとしての魅力―
伴野豊(九州大学大学院農学研究院)
バイオエネルギー創製のための環境に優しい新技術
坂志朗(京都大学大学院エネルギー科学研究科)
ヒトパピローマウイルス感染と子宮頸がん
―発がんの仕組みの解明とワクチン開発戦略―
神田忠仁(国立感染症研究所病原体ゲノム解析研究センター)
スフィンクスの謎に魅せられて
―私のスフィンゴ脂質研究:「スフィンゴ脂質ものがたり」への序章―
五十嵐靖之(北海道大学大学院先端生命科学研究院次世代ポストゲノム研究センター)
someone-Biophilia連動企画陸上植物の祖先「シャジクモ藻類」の進化学
―水中から陸上へのストーリ―
坂山英俊(神戸大学)、西山智明(金沢大学)、関本弘之(日本女子大学)、伊藤元己(東京大学)
地球温暖化問題に「炭」で取り組む
―炭化におけるカーボンシンクを目指して―
凌祥之(独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構)

【連載】

ヒトと動物の共生へ 第15回希少動物・オランウータンを救う
―オランウータン人工繁殖への取り組み―
竹田正人(大阪市天王寺動植物公園事務所)
女性研究者を支援する取り組み 第1回―我が国における女性研究者支援の取り組みと現状
川端和明(文部科学省科学技術・学術政策局基盤政策課)

【インフォメーション】

研究室訪問 vol.10日本初の公的化合物ライブラリー
―大学発の創薬への扉―
東京大学 生物機能制御化合物ライブラリー機構
海外科学雑誌情報 Silva Scientiae XI
久原孝俊(順天堂大学大学院医学研究科アトピー疾患研究センター)
Capsula Verborum
新型インフルエンザ : novel influenza, new influenza
ブタインフルエンザ : swine influenza, swine flu
世界保健機関 : the World Health Organization: WHO
大流行警戒レベル : pandemic alert level
米国疾病対策予防センター : the Centers for Disease Control and Prevention: CDC
季節性インフルエンザ : seasonal influenza
タミフル : Tamiflu (タミフルは商品名、成分名はオセルタミビル oseltamivir )
リレンザ : Relenza (リレンザは商品名、成分名はザナミビル zanamivir )
基本増殖率 : basic reproductive rate
世代時間 : generation time
二次攻撃率 : secondary-attack rate
弱毒生ワクチン : live attenuated vaccine
不活化ワクチン : inactivated vaccine
3価ワクチン : trivalent vaccine
1価ワクチン : monovalent vaccine (単味ワクチンともいう)
アジュバント : adjuvant
高病原性トリインフルエンザ : Highly Pathogenic Avian Influenza : HPAI
重症急性呼吸器症候群 : Severe Acute Respiratory Syndrome: SARS
文部科学省「先端融合領域イノベーション創出拠点の形成」プロジェクト
継続4プロジェクトの紹介

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.adthree.com/type/mt-tb.cgi/179

アドスリー書籍の購入はこちらから!

電子版 雑誌・書籍の購入は、こちら 紙版 雑誌・書籍の購入は、こちら

Facebook now!

この巻号について

第5巻 第2号 (通巻18号)

Biophilia 18

特集: 医療の進歩を支えるブタ

発行日: 2009年6月 1日

前後の号

これまでに発行されたビオフィリアの一覧はインデックスページで見ることができます。